7,493 view

緊急アンケート実施!「自宅でビール。どんなグラスで飲んでますか?」

さまざまなグラス

知人のお宅でビールをいただくとき、自分では使わないタイプのグラスに注がれて、ちょっと驚いてしまうことがありませんか。ビールのグラスは、ワインのように「これ」と決まったものがありませんよね。みんな自宅で飲むときどんなグラスを使っているのか。この謎を解決すべく、SNSなどで知人に「自宅でビールを飲むときのグラスの写真を送って」というアンケートを実施してみました。サンプル数は30人。バラエティーに富んだ回答の結果を発表します。

ビール会社のロゴ入り

ビール飲みの定番といえばまず何と言っても、ビール会社のロゴ入りグラスですね。どのグラスも長い歴史を経ているわけで、形や厚みなんかが絶妙です。ビールを美味しく飲むならまずはこれでしょう。以下はアンケートの回答です。

写真左 このグラスで飲むと本当にビールが美味い! 「グラス」なんて気取ってないで「ビールのコップ」と言いたい。居酒屋用の白一色印刷ではなく燦然と輝く赤星がサッポロマニヤの心をたまらなくくすぐります。一杯ぶんの量が絶妙です。(男性/会社社長)

 

写真中 アイルランドのスタウト「マーフィーズ」のグラスです。良いところは、350mlがちょうどぴったり入るのと、ノンアルコールビールでもおいしそうに見えること。(女性/フリーライター)

 

写真右 ギネスのグラスです。330ml缶の中身がちょうど入るので好き。泡がきれいに見える。(女性/会社員)

各社とも手触りや泡の立ちかたに加え、一杯分の量をしっかり吟味しているのがポイントですね。昔はこういうのを入手するには酒屋さんに頼んだりしてましたが、いまはネットで簡単に買えますから、いい時代です。

 

「ビール飲み」に特化したグラス

ビールをおいしく飲むことに徹して進化したグラスは他にもいろいろあります。

写真左 グラスはふるさと納税で入手。ビールがとっても美味しくなるよ。発泡酒のときもビール飲んでる気分!(男性/会社員)

形はピルスナーグラスというタイプ。そして「うすはり」と呼ばれる極薄のガラス製です。ちなみにこの回答者の奥様からも追伸が来てまして、「うすはりはぜんぶ自分で洗ってもらってます。せっせとリネンのふきんでお世話してるようです」とのことでした。うっかり割ったらイヤだから自分でやっとけ、ってことですね(笑)。

写真右 結婚式の引き出物。ビールの泡も繊細になる気がする。(男性/自営業)

これもうすはり。うすはりは電球の製造などで培った職人の熟練技による手づくりなんだそうです。厚さ1mm以下のものもあるとか。そんなに繊細だと、氷をガシャガシャ入れるのは恐いし、もうビール以外ないでしょーという感じです。

 

写真左 ビールの特典で付いてきたグラス。週2〜3回これで飲んでます(男性/大学生)

やはりビールを飲むのに特化した形ですね。先が少し細くなっていて、ドイツのヴァイツェングラスに近い形状かも。

写真中 高さが15cmくらいの細長いグラスです。高さがあるので泡立ちが良く、でも泡が消えるのも早いのでビールがスッキリと飲めます。そして飲み口が直径5cmくらいなので飲む時に鼻がグラスにぴったり覆われるので、ビールの香りが楽しめる気がします。(男性/会社員)

こちらはほぼ円柱状。同じくドイツのシュタンゲというタイプのように見えます。

 

写真上 イギリスのパブとかで使ってるやつ。雰囲気は良いけど、500ml注いでもいっぱいにならないのが難点。上まで注ぐと重い。でも出っ張りのところで手が滑らないから何とか支えられる。(男性/会社員)

1パイント(約570ml)入るからパイントグラス。なかでもこれは「ノニック」と呼ばれる形らしいです。こいつにビールを満杯にしてテレビの前に陣取るのが正しいサッカー観戦の姿。途中の膨らみはパブで酔っ払いが手を滑らすのを防ぐというよりも、重ねたときにくっつかないようにするためのようです。

 

他ジャンルの転用が意外といい

ホントは違うジャンル用のグラスなんだけど、なぜかビールにピッタリなので気に入って使っている、という人もいました。

写真上 たぶんウイスキー用の肉厚のコップです。ずいぶん昔から家にあります。いいろいろなコップが壊れてなくなっていくなかで、このコップだけが生き残っています。気兼ねなく使えて、ビールを飲んでいて心がやすらぎます。ビールはビンに限る。家では缶ビールは飲みません。(男性/会社員)

極薄のグラスで繊細に飲みたい人もいれば、厚いグラスで気兼ねなく飲みたいという人もいる。実にいろいろですね。

 

写真左 ジャックダニエルのグラス。(男性/会社員)

ハイボール用のグラスですね。ジャックダニエルは「世界で一番売れているアメリカンウイスキー」だけあって、とてもたくさんの種類のグラスが配られています。これは三角錐に近い、オシャレで手にしっくりきそうなデザインですね。

写真右 東急ハンズで買った「焼酎用グラス」。400円ぐらいだったかな・・・耐熱で丈夫そうなのと、泡を含めて350mlがちょうど入るのが良い。これでクラフトビールを飲むのが好きです。(男性/会社員)

そうなんです、売ってるグラスの容量って320とか、400とか、微妙に350ml缶に合わないことが多いんです。ピッタリの量だとうれしくなりますよね。

 

仏DURALEX社のピカルディ

いま日本国内で、単一ブランドのグラスで最も目にすることが多いのは、フランスのDURALEX社のこのグラスではないでしょうか。

写真左 たぶん10年ぐらいまえに、どっかの雑貨屋で買ったもの。だいたいこの系統の割れにくいグラスで何でも飲んでいて、これが3代目ぐらいだと思います。(男性/映像監督)

 

写真右 DURALEX。特にグラスに凝ってはいない。(男性/会社社長)

DURALEX社にはいくつかグラスの主力シリーズがありますが、そのなかでこれは「ピカルディ」というシリーズです。今ではこれ、グラスだけでなく、全工業製品中でも日本人が一番数多く使ってるメイド・イン・フランスじゃないかと思います(単なる印象です、すみません)。

 

おまけを愛する人たち

特にビールの景品というわけでもなく、「なんかでもらったおまけで飲んでる」という人、けっこういます。なんとなく捨てられないでいるうちに、すっかりお気に入りに・・・という気持ち、わかります。

写真左 マクドナルドの景品の、コカ・コーラのグラスです。ふだんはコーヒー・お茶等汎用のマグカップについで飲むこともありますが、来客時はグラスにつぎます。(男性/会社員)

景品とはいえ、けっこう凝ったデザインで持った感じもよさそうです。

写真右 イースタンユースのCDのおまけでもらったもの。(女性/書店員)

好きなロックを聴きながらビール。ビールもバンドも好きだからグラスも好きになってずっと使う・・・イイ感じの景品ですね〜。

 

写真上 なんのコップか知らない。誰かがくれた。(女性/無職)

実は筆者の母が使ってるグラスです。調べたら1992年にコカ・コーラの景品だったヴェルディ川崎の「オレオレグラス」でした。母はサッカーともコーラとも無縁なので、たぶん読売新聞か酒屋さんがくれたんでしょう。1992年といったらJリーグが始まる前の年ですよ。Jリーグ初代王者のヴェルディも今ではJ2の常連になってしまい、東京ヴェルディ1969に改名して調布に引っ越し。四半世紀の間にいろいろありました。でもカズは他チームに移籍してまだ現役。グラスもカズも頑丈すぎです。

 

グラス?要らない

グラスなんて、いちいちこだわらないよ、という人もいます。

写真上 面倒なので普段は基本的に缶のまま。誰かと分けるときに100均のグラスを使う程度です。(男性/会社員)

写真左 直接飲むことも多いけど今日はマグカップに入れてみた。(男性/会社員)

 

写真右 独り者の晩飯なのでグラスは使わず缶のまま飲むのが当たり前です。(男性/エンジニア)

アメリカ映画なんか見てるとたいていビンや缶から直接飲んでますよね。350mlの缶とか小瓶までグラスに注ぎたがるのは日本ぐらいなんでしょうか。あとはドイツかな。他の国ではどんな事情なのか、いつか第2回国際調査をやってみたいものです。

 

ビールは陶磁器に限るという人々

ガラス以外の素材にこだわりを見いだしている人もいました。まずは陶磁器派です。

写真上 陶製のコップで多分熱燗用ですが、ビールもこれで飲むと温度が上がりにくく泡が細かくて好きです。(男性/大学生)

写真左 佐賀なのでやっぱり有田の陶磁器で飲みますね。特に陶器で飲むとおいしいといわれてます。実際ガラスよりいいですよ。ビールは陶器で飲むに限ります。(男性/会社社長)

 

写真右 余り大きくない信楽焼(しがらきやき)です。信楽焼が好きだから。信楽焼は土をねって作った焼き物で、土から遠赤外線が出て中身がマイルドな味わいになります。(男性/会社役員)

陶器は、注ぐときに内側表面の凹凸によってきめ細かな泡ができて、これが味をマイルドにするとともに、泡がなくなるまでの時間も長くなる、というのが定説です。

 

メタルファン

同じく、ガラス以外の素材で根強いファンがいるのが金属です。

写真上 ピューターのグラスがお気に入りです。錫(すず)は錆び・変色がなく、手入れも簡単と聞いてシルバーではなくピューターを集めはじめました。錫はうまみを損なわず、そのものの味を引き出す力を持っています。ピューターのグラスで飲むとまろやかさを増す気がします。冷えたビールをグラスに注ぐと瞬時にグラスも冷えて、ビールがより一層美味しく感じます。(女性/自営業)

ピューター(白鑞)は、錫を主成分とする長い歴史のある合金だそうです。かなり高価なものですが、味わいが良くなるのであれば、筆者も一度は試してみたいと思いました。

 

写真左 錫のタンブラー:飲み口がキンキンにすぐ冷えて美味しい。(男性/デザイナー)

この人も錫。どうやら「飲み口もすぐに冷え冷えになる」のが錫の大きな魅力のようですね。

写真右 サーモスの真空二重構造カップ。保冷性が高いのとグラスが汗をかかないので机が濡れない。本や紙類がヨレヨレにならない。(男性/会社社長)

外側が冷えるのが魅力という人がいるかと思えば、冷えないからいいという人もいるわけですね。ホントにいろいろです。

 

ガラス工芸品愛好派

素材はガラスなんですが、味わい深いガラス工芸品を愛している人々がいます。

写真上 沖縄・読谷村の琉球ガラス工房で売ってたグラス(左)。1個しかなかったけど、家のみのほとんどが一人なのでまあいいかなと思って購入。いいところは220cc強くらいの小さめサイズであること。気泡が入ってて、泡が消えても気付きにくいところ。クリアなグラスだと泡がなくなるとさみしいけど、このグラスだとそこが気にならないので。アクセントに入っている茶色の模様が(私の記憶が確かなら)「カレー粉を混ぜた」というのも好き。ワインや日本酒を飲むとき、あるいはお客さんにはDURALEXの220cc(右)。(女性/会社員)

ビールの泡が消えてもガラスのなかに気泡があるからさみしくない、というところが素敵です!

 

写真左 実は基本は缶のまま飲んでますが、コップならばこれです。おみやげでいただいた沖縄の琉球ガラス。たくさん入るのと、かなりの厚手なので保冷効果があるような気がするので。(男性/タクシードライバー)

梅ジャムのような可愛らしい色合い。ここにも、厚いということをお気に入りの理由にあげる人がいました。厚い派と薄い派で、好みが分かれますねえ。

写真右 どこかのインテリアショップ(たしかIDEE)で衝動買いした覚えがあります。黄色と黄緑と青のグラデーションが水彩画みたいできれいだったので。(女性/会社員)

ただビールを飲むだけでなく、そこに美の鑑賞という喜びを加えてくれるガラス工芸品。なんだかひとつ欲しくなってきました。

 

異国の思い出

海外で自分へのおみやげとして買ったグラスを使っているという人もいました。旅先の風景、そこで出会った人や飲んだお酒の味も、ビールを飲みながらだと思い出が鮮やかに蘇ってくるにちがいありません。

写真左 缶のまま飲んでることが多かったりしますが、これはモロッコのグラスです。写真では良くわからないかもですが、金の模様がなんとなくビールにも合うかなと思ってお気に入りです。モロッコグラスをいくつか集めていて、これは去年現地で買ったものです。割と厚めで手の温度が伝わりにくいのと、飲み口のところが丸くて、口当たりも気に入ってます。少しきちんと食事したいときにはこのグラスにビールを注ぎます。(女性/会社員)

 

写真右 フランスのカフェグラス。かわいくて気に入っている。ワイングラスのように下を持てるので手のぬくもりが触れないのが良い。(女性/フリーライター)

 

 

いかがでしたでしょうか。30人に聞いただけでも、それぞれのグラスへの思いは実に多彩で、たいへん興味深い調査となりました。季節は初夏。ビールがどんどん美味しくなってくる季節です。皆さんは、どんなお気に入りグラスでビールを飲みますか?

 

※記事の情報は2017年5月12日時点のものです。

いいグラスで飲みたいビールはこちら

サッポロラガー 赤星 大瓶633ml

サッポロラガー 赤星 大瓶633ml

明治10年、現在のサッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所から発売されたビールです。開拓のために北海道に渡った人々が、夜空に輝く北極星を自分達のシンボルとしたところから、開拓使のビールとして"赤星"をデザインしました。昭和50年代にビールの生化がすすみましたが、今でも熱処理しているビールで、現在に至るまで根強いファンから支持を得ています。

  • 送料無料

サッポロ エビス生 350ml

サッポロ エビス生 350ml

麦芽100%、長期熟成・ドイツバイエルン産アロマホップふんだんに使用し、良質のコクと苦味を追求したプレミアムビールです。

  • 送料無料

サッポロ エビス華みやび350ml

サッポロ エビス華みやび350ml

100年以上のヱビスの歴史で初めて上面酵母を採用したヱビスのホワイトビール誕生。小麦麦芽による華やかでふくよかな香りとやわらかなコク。ろ過して仕上げたクリスタルな輝きが、優雅なひとときを彩ります。

  • 送料無料

Monthly Access Ranking

月刊アクセスランキング