2017.05.31
4,296 view

《まとめ》焼酎にもってこいレシピ人気ランキング

サバ缶のかんたん白和えの写真

お酒にもってこいなおつまみレシピをご紹介する連載から、焼酎にぴったりなレシピをご紹介した5月の記事を人気ランキング順にご紹介します。1位は「サバ缶」を使った白和えでした!

《第5位》黒豚と新じゃがの煮っころがし

みずみずしい新じゃがと豚肉のボリューム満点煮物
この時期だけの新じゃがをしっかり味の煮物に。こっくりとした味付けは、甘みのある芋焼酎のお湯割りがベストマッチ。

 

作り方はこちら

 

《第4位》ミートボールでお好み焼き??

”夜は炭水化物食べない派”にも安心なお好み焼き風おつまみ
ボリュームのあるものを食べたいけど、夜は炭水化物は控えたい…という方にも安心な、小麦粉を使わないお好み焼き風メニュー。千切りキャベツの効果でふんわり&しっとりな食感に。市販のミートボールを具にしているので、味付けも失敗なしです。香ばしい麦焼酎の水割りがおすすめ。

 

作り方はこちら

 

《第3位》さつま揚げと春雨のチャプチェ風キムチ炒め

キムチのピリ辛とシャキシャキ食感がアクセントのスタミナメニュー
キムチと焼肉のたれを使って、韓国料理の「チャプチェ」風に。キムチのピリ辛とさつま揚げの旨味でお酒がどんどんすすむ、焼酎泥棒なおつまみです。麦焼酎がおすすめ。

 

作り方はこちら

 

《第2位》いろいろチーズとタバスコで潮の香り

タバスコで和えるだけなのに旨味爆発!のお手軽メニュー
コンビニでも買えるプロセスチーズやカマンベールチーズ、スモークチーズなどお好みのチーズとプチトマトをタバスコで和えて、焼き海苔にオン。味付けがタバスコだけとは思えない旨味爆発のミラクルおつまみです! しっかりした味わいの芋焼酎ロックとどうぞ。

 

作り方はこちら

 

《第1位》サバ缶のかんたん白和え

サバの味噌煮缶アレンジで本格和食メニューに変身!

サバの味噌煮缶と市販の胡麻ドレッシングのコラボで、コクのある白和えに。和食とよく合う米焼酎ロックでどうぞ!

 

作り方はこちら

 

※記事の情報は5月31日時点のものです。

おすすめ焼酎はこちら!

メロ−コヅル磨 25度 720ml

メロ−コヅル磨 25度 720ml

メローコヅル磨は三年間のエイジングにより、原料の良さを最大限に引き出しブレンド貯蔵した長期熟成焼酎です。メローコヅル磨は甘く上質な香りと、まろやかな口当たり、後口の良さが絶妙にマッチしています。飲み方はロック、水割りでも美味しくお飲み頂けますが、特に炭酸で割って頂くハイボールがお勧めです。

芋焼酎 小鶴くろ25度 900ml

芋焼酎 小鶴くろ25度 900ml

小鶴くろは、ふっくらと甘いさつま芋の香りが黒麹と独自の製法により醸し出され、お湯割りにするとさらに香りが引き立ちます。小鶴くろのおすすめの飲み方は、芋焼酎の代表的な呑み方である、お湯割り・水割り・ロックのどの呑み方でもふっくらと甘いさつま芋の香り、甘味とコク深い風味を堪能できます。

麦焼酎 初代 百助900ml

麦焼酎 初代 百助900ml

麦焼酎 初代 百助は創業1804年当主の名前をラベルにした、井上酒造代表の麦焼酎です。大麦を100%使い、天領ひたの天然地下水で仕込んだ焼酎は、幾度となく国税局主催の優等賞を戴いております。 厳選した二条大麦と天領ひたの天然水とが、長年の蒸留技術から生みだした減圧蒸留の麦焼酎です。 麦の香りが程良くありまろやかな甘味、淡麗で軽やかな風味が特徴で、飲み飽きない焼酎です。 どんな料理にも合いますが、大分県日田特産の、鮎の塩焼き・うるか・しめ鯖・鯖寿司・たらの芽のてんぷら、などもお勧めです。

芋焼酎 霧島 吉助 白720ml

芋焼酎 霧島 吉助 白720ml

芋麹焼酎 吉助 白は、軽快な透明感のある味わいで、初めに甘みを感じ、後味はスッキリとした、まさに「純粋さ(GENUINE)」を思わせる味わいです。この味わいを「G-TASTE」と名付け、至福の味わい領域へと新たな扉を開きます。

Monthly Access Ranking

月刊アクセスランキング