2017.04.25
245 view

白ワインにもってこいレシピ01「アスパラガスと新じゃがの玉〆」

アスパラガスと新じゃがの玉〆

季節の食材でお酒にもってこいな「おつまみレシピ」をご紹介します! 今月は春の食材で「白ワイン」にベストマッチなメニューをお届けします。(レシピ監修:すし礎

アスパラと新じゃがを卵でとじたやさしい味わい

醤油と出汁の和風煮物も、春野菜で作るとごちそうメニューに。軽やかな辛口白ワインとどうぞ。

材料(4人分)

・グリーンアスパラガス 3本(出来るだけ太めの物)

・新じゃが 5個
・豚こま切れ肉  100g

・卵 2個

 

【A】
・水 300cc
・顆粒だしの素  2g
・濃口醤油 50cc
・みりん 50cc
・上白糖 20g

作り方

【1】グリーンアスパラガスは半分より根元側をピーラ-を使って薄く皮をむき、4等分に切り分ける。

 

【2】新じゃがは軽くタワシでこすり洗いをし、5mm程度の輪切りにする。

 

【3】Aの材料を入れた鍋に、新じゃが、豚こま切れ肉入れ、火にかける。

 

【4】沸騰したら液面が「ユラユラ」程度の火加減で、10分程煮込む。

 

【5】アスパラガスを加え、再び沸騰させ、同じ火加減でさらに3分。

 

【6】卵をボールに割り入れ、白身が多少残る程度に菜箸を使って混ぜておく。

 

【7】菜箸を伝わらせるようにしながら、鍋の中全体に流し込み、強火でフツフツするまで加熱。

 

【8】火加減を弱火にし、蓋をした鍋をこまめにゆすりながら(なければアルミホイルで対応)約1分。(好みの固まり加減で止めてOK)

 

【9】器に盛り、仕上げに粉山椒をかける。

 

※記事の情報は2017年4月25日時点のものです。

Monthly Access Ranking

月刊アクセスランキング