760 view

神戸人の常識。ビールの最強コンビ・餃子は味噌ダレがうまい!

神戸人の常識。ビールの最強コンビ・餃子は味噌ダレがうまい!

「ビールと餃子の組み合わせ考えた人、ホンマ天才やわ」。大好きな餃子をアテにビールを飲むとき、私は必ずそう言ってしまうのです。その餃子、神戸では酢醤油&味噌ダレで食べるのが常識なのですが、数年前、東京から来た先輩に「これって神戸だけだよね」と言われた、その時の衝撃たるや(だって神戸では、全国展開の餃子チェーン店でお持ち帰りしても味噌ダレが付いてくるんですよ)。「え、ホンマですか? 酢醤油ももちろんおいしいですけど、味噌ダレを付けたら、それはそれでまたおいしいんですって!」の気持ちを、この場を借りて全国のみなさんにお届けします。

味のバリエーションを楽しめるのが味噌ダレ餃子の醍醐味

神戸人が「とりあえず餃子いっとく?」とおやつ感覚で立ち寄る餃子店は、日本三大中華街・南京町や神戸名物高架下など、中心地(三宮・元町エリア)だけでも10軒以上。ひとくちに「味噌ダレ餃子」といっても、大きくは赤味噌系、合わせ味噌系に分かれ、一般的な酢醤油ダレと合わせるもの、ニンニク醤油と合わせるものなど、お店によってさまざまです。そういったお店によって異なるタレを味わうのも楽しみのひとつなのですが、一軒のお店の中でも「まずはオーソドックスに酢醤油で、その後は味噌ダレを加えて、次はラー油多めに」といった具合に味の変化をつけられるのが醍醐味でもあります。

 

今回取材でお邪魔した「ギョーザ専門店 イチロー」は、特製味噌ダレに酢と醤油、自家製ラー油を混ぜるスタイル。

パリッとモチっとW食感の皮の中からジュワっとあふれる肉汁。ニンニクの臭みのないあっさりめの具材に味噌ダレがコクを加え、口の中でちょうどいい塩梅に!

小ぶりなので、2人前(14個)もペロっといけちゃいます。ビール大ビン1本がジャストな量でした。

隣のお客さんとの会話もはずむカウンター席。店名は開店当時の約20年前、オリックスブルーウェーブで大活躍していたイチロー選手にあやかって。店内にはお客さんから寄贈されたイチロー選手のサインも。マリナーズから取材を受けたこともあるそう。

ギョーザ専門店 イチロー 三宮店(神戸店)

兵庫県神戸市中央区三宮町1-8 さんプラザB1

078-334-1660

営業時間 11:30~21:00 水曜定休

イチローの餃子は味噌ダレ付きでお取り寄せできます。

「味噌ダレが余ったら、冷奴やきゅうり、ご飯や納豆にかけてもおいしいです。チャーハンの味付けに使うのもオススメですよ」(イチロー店長)

味噌ダレ餃子の歴史、諸説

そもそもなぜ、神戸では餃子を味噌ダレで食べるようになったのか。それには諸説あるようです。今回取材でお世話になったギョーザ専門店イチローの店長によると、「第二次世界大戦中の1940年代、中国(満州)に駐屯していた日本兵は、敗戦間近で食料調達もままならず、現地の料理である餃子を食べていたとか。そんな中、故郷の味を懐かしんだ数人の兵士たちが、異国の食べ物だった餃子に日本から持ってきた味噌をつけて食べ始めたのが、味噌ダレ餃子のルーツと言われています」とのこと。そうして中国から引き揚げてきた兵士たちが、たまたま神戸で味噌ダレ餃子を根付かせたということなのでしょうか。

 

旧満州の家庭で食べられていた「ハルピンタレ」を再現したもの、という説もあるようですが、いずれにせよ、旧満州から帰還した日本兵が広めたということに変わりはなさそうです。

とすると、神戸の味噌ダレ餃子の歴史は第二次世界大戦後から、ということになりますね。

餃子の味噌ダレを家で作ってみる

思い立ったが吉日、「今すぐ味噌ダレで餃子を食べてみたい」と思った全国のみなさん、お店の味とまではいきませんが、餃子の味噌ダレは家にあるもので簡単に作ることができます。

僭越ながら、我が家の味噌ダレレシピを公開します。

 

●家庭用餃子の味噌ダレ(1~2人用)

 

材料

・合わせ味噌(お好みで赤味噌でも可) 大さじ1と1/2

・砂糖 大さじ1

・醤油 大さじ1/2

・酒 大さじ 1/2

・酢 大さじ1

・にんにくすりおろし(チューブのものでも可) 適量

※お好みで豆板醤やこしょう、ラー油を加えてもおいしいです

 

作り方

1.耐熱容器に材料を全部入れて混ぜる。

2.電子レンジ600wで10秒加熱。

はい、簡単にできちゃうんです。各調味料の量はわりと適当なので、お好みで調整してください。そして食べる時は酢醤油のスタンバイもお忘れなく!

 

「簡単だけどタレまで作るのはちょっとめんどくさい」という方は、オリバーから出ている「神戸餃子味噌たれ」はいかがでしょうか。

オリバー、さすが神戸の企業です。

 

餃子に味噌ダレを加えたその日から、餃子の世界がぐんと広がること間違いなし!

ぜひ一度お試しください。

 

※記事の情報は2017年10月3日時点のものです。

餃子に「クラフトビール」はいかが?

金しゃち 赤味噌ラガー330ml

金しゃち 赤味噌ラガー330ml

愛知県特産の赤味噌(豆味噌)を原料の一部に使用し、「赤味噌」と「麦芽」の旨みを融合して新しく生まれた味わい豊かなお酒です。

  • 送料無料

金しゃちプラチナエール330ml

金しゃちプラチナエール330ml

小麦麦芽を用いて醸造した金しゃちオリジナルのビールです。小麦麦芽のマイルドな口当たり、酵母が織り成す醸造香とカスケードホップ由来の柑橘系の上品なアロマ、爽やかな酸味、やわらかな香味が特徴のホワイトビールです。

  • 送料無料

金しゃちIPA

金しゃちIPA

ホップの香りと苦味が力強い超濃厚タイプのビール。柑橘系の香りが特徴のカスケードホップを使用する事により超濃厚タイプのIPAの中でも比較的口当たりが良いのが特徴のIPA。

青柳直子

青柳直子

編集プロダクションを経て2001年よりフリーランスライターとして活動。現在は、テレビ誌、グラビア誌、情報誌を中心に執筆。延べインタビュー人数は1000人以上。プライベートでは1男1女の母。産前産後のノンアルコールビール期により衰えたアルコール分解能力を鍛えなおすべく、週末飲みにいそしむ(プロフィール写真は大阪・なんばの80年代洋楽バーにて撮影)。好きなお酒はビール、焼酎、泡盛。好きなアテは、いかなごのくぎ煮(兵庫)、豆腐よう(沖縄)。

この記事を書いた人の最近の記事

すべての記事を見る

Monthly Access Ranking

月刊アクセスランキング