3,933 view

栗を贅沢に使用したプレミアムな栗焼酎を飲んでみた。

おくりおくらPREMIUM

名古屋の酒問屋イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします! 今回は愛媛県産の栗100%使用で造られた贅沢な栗焼酎をご紹介します

愛媛県産の栗を100%使用したプレミアムな栗焼酎

食欲の秋を満喫!ということで暴飲暴食により体もいよいよ危険な状態になりつつある今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回はそんな食欲の秋を代表する味覚「栗」を使った焼酎をご紹介したいと思います。

栗焼酎は四国発祥の本格焼酎。栗焼酎というとあまりメジャーではないかもしれませんが、甘い香りとまろやかな口当たりが人気でひそかにファンの多い焼酎なのです。今回ご紹介するのは、この栗焼酎の元祖である「媛囃子」が造った限定1000本のプレミアムな栗焼酎「おくりおくらPREMIUM」です。「おくりおくらPREMIUM」は愛媛県産業技術研究所と“栗の香りと味が明確な焼酎”をコンセプトに共同研究され誕生した商品とのこと。原料に愛媛県産の栗を贅沢に100%使用し、さらに栗を焼くというひと手間を加えることで栗のポテンシャルを引き出したそうです。

それではお楽しみの試飲のお時間です。

飲んでみた。

それでは開けてみます。注いでみるとこれは驚き、鼻を近づけずとも栗の甘い香りが漂います。これは味への期待が高まります。まずはストレートでそのままを味わってみます。口に含むと、まろやかな口当たりで上品な甘さが特徴的、これは美味しいです。普段焼酎を若干敬遠気味の私でもクセになりそうな、そんな美味しさです。

しかしながらさすがにアルコール度数が25度あるため、口当たりはまろやかながらも、ストレートでは少しアルコールのピリッと感があるので、どう割って飲むかが問題です。そこでなんとなくお湯割りがいいような気がする、という直感を信じて、今回はお湯割りから試してみましょう。

お湯割りがオススメ

では早速お湯割りにしてみます。お湯を先に入れた湯飲みに、焼酎を注ぎます。またここでも甘い香りが漂います。味わいはお湯割りにすることで、さらに口当たりがまろやかに飲みやすく、そして甘みも加わってほっこりする味わいに。気づいたら1本飲みきってしまいそうです。このあと水割りも試してみて美味しかったのですが、個人的にはお湯割りがイチオシです!

それでは家飲みでの秋のゆったりとしたひととき、プレミアムな栗焼酎で秋の雰囲気をどうぞお楽しみください。

今回ご紹介した「おくりおくらPREMIUM」は1000本しか造られない限定品。手に入らない際は来年までお待ちいただくか、同じく媛囃子が造る栗焼酎「おくりおくら」のほうもお試しください。

【商品概要】

おくりおくらPREMIUM

■製造元:媛囃子

■産地:愛媛県

■アルコール度数:25%

■容器 / 容量:瓶 / 720ml

■参考小売価格:2,000円(税別)

 

おくりおくら

■製造元:媛囃子

■産地:愛媛県

■アルコール度数:25%

■容器 / 容量:瓶 / 720ml

■参考小売価格:1,200円(税別)

※記事の情報は2017年11月15日時点のものです。

「くり焼酎 おくりおくら」、こちらで買えます!

くり焼酎 おくりおくら プレミアム

くり焼酎 おくりおくら プレミアム 25度

くり焼酎おくりおくらプレミアムは愛媛県産業技術研究所と「栗の香りと味が明確な焼酎」をコンセプトに共同研究し誕生したくり焼酎。愛媛県産栗100%使用。栗を焼くことで栗の甘みのでた、まろやかな口当たりの焼酎に仕上がっています。

くり焼酎 おくりおくら 25度

くり焼酎 おくりおくら 25度

今までの麦のブレンドに加え、米をブレンドすることにより全く違ったタイプの栗焼酎で媛囃子の新しい味として誕生した栗焼酎。全国屈指の栗の産地四国奥伊予の地栗を100%使用し皮を丁寧にむき取り、低温でゆっくりと蒸留しまろやかに香り高く仕上げられています。さらにに3年間貯蔵熟成させ、栗のほのかな香りと甘味が特徴となっています。糖分は一切添加していない自然の甘さの栗焼酎です。

青田俊一

青田俊一

WEBデザイナーとしてアパレルショップ、インテリアショップでの勤務を経たのち、お酒好きが高じて2009年にイズミックに入社。現在はバイヤーとしてモテ商品の発掘に日々情熱を傾けてます。夜はもっぱら居酒屋に入り浸り、休日はひとりでつまみを作って家飲みというのが最近のライフスタイル。名古屋市在住。魚座のAB型のアラフォー男。イエノミ仲間絶賛募集中。

この記事を書いた人の最近の記事

すべての記事を見る

Monthly Access Ranking

月刊アクセスランキング