23,320 view

たこ焼き器でタコ焼かずにアテ焼いたった10選+α

たこ焼き器でタコ焼かずにアテ焼いたった10選+α

無限の可能性を秘めたお手軽調理器具、それはたこ焼き器! コロコロあつあつのたこ焼きはもちろん、昨今ではアヒージョやミニオムライスなんてのも定番になりつつあるようです。しかし、我ら酒飲みには少々ヘヴィじゃございませんか? いえね、私がそうだったんです。張り切って肉団子やアヒージョやウインナーやら焼いてみたらね、お腹いっぱいになってお酒がそんなに飲めなかったんです。ならばリベンジするまでよ! というわけで、もっと軽めに、酒飲み仕様のたこ焼き器アテを焼いてみましたー。

まずはラインナップをご覧ください。

1.イカ
2.ベーコンとリンゴ
3.ゆで卵
4.新生姜の豚スライス巻き
5.しいたけ
6.ハマグリ
7.長芋
8.餃子の皮キッシュ(皮、具のコンビーフ)
9.厚揚げ
10.冷凍小籠包

11.デザートに鈴カステラ

どうです、アテでしょう?

 

具材のほかに、塩、胡椒、お好みのスパイス、マヨネーズ、卵を溶いた卵液を用意しておくと捗ります。あとは鉄板に敷く油と、焦げをとるためのキッチンペーパー(水に浸しておくとよい)もお忘れなくー。

取り皿、焼ける間用のつまみ、そしてお酒を並べていざっ!

以前の経験から焼きながらビールを飲むと焼くのに集中して炭酸が抜けたりぬるくなったりして悲しかったので今回は白ワインです。グラスでごぶごぶやります。もちろんみなさまお好みのお酒でどうぞですよー。この時季なら冷やや燗酒あたりでもいいかもですね。

左上から逆時計回りにご説明をば。

イカの燻製風

簡易燻製をやってみたかったのです。

アルミカップに燻製用チップや茶葉(私ははと麦茶用のドライはと麦をこれはチップだと念じて使用)と砂糖をぱらりと入れ、熱したタコ穴にのせます。つまようじを橋のようにかけてその上にイカをのせ、もう1枚のアルミカップで蓋をして適当に色づくまで燻します。

これがけっこうちゃんとできた! 燻製っぽい香ばしさ!

が、2切れ目を同じカップでやってみたら全然色も香りもつかなかったので1回限りの関係と割り切るのが肝要なよう。ずぼらな私はここであきらめて残りのイカは生でつまみにしました。

焼きゆで卵

文字通り焼くだけ! 味付き卵じゃない場合は焼けたら醤油や焼き肉のタレなんかをお好みでジュッと垂らすとよいかと。

ベーコンとリンゴのバター焼き

これ、秋になると食べたくなる一品なんです。普段は豚肩ロースを厚めにカットして作るのですがタコ穴に合わせてベーコンで。バターを吸ってトロトロになったリンゴに、カリッカリなベーコンが合うんですよ~。ほんで、バルサミコ酢がええ仕事してくれます。

厚揚げ焼き

サイコロカットされた厚揚げ(なければ大きいのを切って)をコロコロと焼くだけ。フライパンで焼くより焦げにくいしふっくらする気がします。そめおろし(大根おろしに醤油)に生姜を足すの忘れてた!

餃子の皮キッシュ

これはネットで見かけた一品。ほんと、餃子の皮って使えるヤツですなぁ。

カットした皮→好きな具(今回はコンビーフや枝豆など)→卵液→マヨネーズちらりとの順でタコ穴に入れ、表面が乾いてきたらくるっとひっくり返します。たこ焼きみたいにまん丸になってくれるのが愛おしい。

長芋クミン焼き

これは文字通り。クミンシードのプチプチ感が好きなのでそのまま使っていますが、風味だけほしい場合はもちろんパウダーでも。

 

お次はこちら。

焼きしいたけ

丸ごと入るかと思ったけど大きかったので適当に手で裂きました。バター焼き、塩焼き、なんでも美味しいしいたけ。ほかの具の“ダシ”もよく吸ってくれるので最後まで残しておきたい子。軸を割いて素焼きにしたのもいいアテに。

ハマグリの白ワイン蒸し

小ぶりなハマグリがあったのでそれにしましたが、もちろんアサリでも。火が通り始めるとふつふつふつふつ……ぽんっ! という感じで殻が開いてびっくり。鍋や網とは違う状況にハマグリもテンションがあがったのでしょうか。酒は多めにふっておくと後でしいたけに吸わせる時に役立ちます。

新生姜の豚巻き

個人的に大好きな「岩下の新生姜」を定番の豚巻に。新生姜にほのかな塩気、酸味があるので肉には味付けいらず。肉にさえ火が通ればいいので気楽です。肉の旨みと新生姜の爽やかさのマッチング、最高!!!

焼き小龍包

と、ここで小籠包を忘れておりました。コンビニの冷凍品でフライパン調理用のやつ。いきなりタコ穴においても全然火が通りそうにないので電子レンジで軽く温めたら破裂して肉汁がこぼれるという悲劇が。焼き小籠包は食べてみたいので、改善策が今後の課題といえましょう。

ひと通り食べたら、余った具をいろんな組み合わせて焼くのを楽しみましょう。なんせ自宅ですから、冷蔵庫から追加の具をもってくるなり、調味料を足すなり自在です。

焼き鈴カステラ

最後はデザート。

料理人さんから教えてもらった「鈴カステラをたこ焼き器で焼くとカリッカリでうまい」説は本当でした。さらに私はバターで焼いてみたりしちゃたらば、カステラの表面がカラメリゼされちゃったりしてヤバイうまさでした。ひゃー!

 

やー、楽しかった!

燻製や酒蒸しができるとわかって、よりアテ焼きの幅が広がりました。準備と後片付けはまぁまぁ面倒くさいけれど、それを上回る充足感があります。次は何を焼こうか、隙あらば考えている次第。みなさまも素敵なネタを思い付いたら「イエノミスタイル」のTwitterなどで教えてくださいね~。

※記事の情報は2017年11月3日時点のものです。

Monthly Access Ranking

月刊アクセスランキング